November 1, 2013

オルレアン島でリンゴ狩り

ケベック自慢の大河セント•ローレンスのど真ん中にある島、オルレアン島は、
農業が盛んで、季節によってイチゴ狩り、ラズベリー狩り、リンゴ狩り、カボチャ狩り、
などいろんな作物を自分で収穫できるスポットが盛りだくさん。

9月末から10月中旬までは、リンゴ狩りに適した時期。

今年になってようやくリンゴ狩りを体験してみることに。

リンゴ狩りで週末は沢山の人がオルレアン島に殺到するので、渋滞を避けるため朝7じに出発!朝日が美しい。
オルレアン島ではSt-Jeanが一番美しい!と思います。景色も素晴らしい。


オルレアン島はとても大きな島で、全長34km、最大幅8.8kmもあるとか。島内には村が6つあって、その中でも私はSt-Jean(サン•ジャン)の 雰囲気が一番好きです。ケベックならではの可愛らしい家が道路沿いに建ち並んでいて、セント•ローレンス河もすぐ側を流れていて、ちょっとドライヴするの にとっても素敵。
La Boulange(ラ•ブランジュ)



オルレアン島の美味しいパン屋さん
La Boulange (ラ•ブランジュ)

すぐに売り切れてしまいますが、ブリーチーズの挟まったクロワッサンサンドがものすごく美味しい! デニッシュ系もはずれなし。イートインできます。

住所:2001 Chemin Royal, L'Île-D'Orléans, QC G0A 3W0


私は甘党ではないので、お気に入りはクロワッサンサンド♪





さて、本題のリンゴ狩りは、オルレアン島に住む知人に勧められて、ジョー•ジゲーさんのリンゴ農園に行ってきました。
入り口ででっかい13リットル入りの紙袋を15ドルで購入して(ちなみに18リットルの紙袋だと確か20ドル)、いくつか種類があるリンゴの木の中から試食をしてみてお気に入りのリンゴを見つけ、紙袋がいっぱいになるまでリンゴを入れます。
どの木にもぎっしりリンゴがついていて、10分もすれば紙袋はいっぱいに。 


 ジョーさん本人が入り口で紙袋を売っていて、リンゴの種類についていろいろ語ってくれました。笑



手の届く高さにもたくさんなっていますが、せっかくなのでちゃんと脚立を使って上の方のリンゴもゲット。

落ちてしまったリンゴは、家畜の餌になるそうです。


甘酸っぱいSpartan(スパルタン)というリンゴ。シャキシャキ感が長持ちするのが売りらしい。

どの木をみてもリンゴが鈴なり。これはコートランドという種類。

ジョーさんのリンゴ農園、Cidrerie Verger Joe Giguère
住所:
3446, chemin Royal Sainte-FamilleQC
G0A 3P0
 
 
秋のオルレアン島は田舎らしい和やかな風景。

4 comments:

  1. いいなぁ、リンゴ狩り!オルレアン島にはまだ行ったことがないよ~。(T_T) パンもおいしそう~! 来年のイチゴ狩りには行ってみたいなぁ。。。と相方をつついてみます。

    ReplyDelete
  2. TLさん、是非お二人でドライブに行ってください!イチゴも甘酸っぱくて美味しいです♪

    ReplyDelete
  3. 日本の紅玉とはまた違うのかな? tarte au pomme食べたい。

    ReplyDelete
  4. 紅玉にちょっと近いです。タルトにするにはちょうどいい酸味だと思います!

    ReplyDelete