August 28, 2012

アクアマリンのリング


上質のアクアマリンを見つけるのはいつも至難の業。
色が白く濁っていたり、色が薄過ぎたり、
ファセットのカット石の場合は磨きが不完全だったり傷があったり欠けていたり。

アクアマリンのリングを、というオーダーを頂いたので、秘蔵のとびっきりのアクアマリンを使ってシンプルなリングを作らさせて頂きました。

地金から輪を切り出し圧縮してチューブ状にした後コーン状に成形した石台と、指輪本体となる角線を準備。

指輪本体を目標の大きさに丸めて溶接。

石台を溶接する箇所が一番高くなるようにヤスリをかける。

指輪の本体がピッタリ石台にはまるように石台側に糸のことヤスリで溝を削ります。溝が本体より大きくなり過ぎると失敗なのでくれぐれも慎重に。



こんな具合にピッタリはまればO.K.
鉄線でしっかりしばってロウ付け(溶接)。


石がピッタリはまるように石台を削ります。

こんな具合に石が座ります。
18Kイエローゴールドと上質のアクアマリン、覆輪留めでシンプルに仕上げました。

 アクアマリンは比較的か弱い石なので、特にリングにする際は覆輪留めでなるべくカバーしてある方が安心。
金の魔法の色と空の色を閉じ込めたみたいな透明で美しいカットのアクアマリンを手元にして制作を進めていると、ジュエリー職人でいて良かったなぁ、とつくづく思ってしまいます。

4 comments:

  1. やすりで削れた金粉は回収ですか~

    ReplyDelete
  2. もちろん!
    大半はスリ板の下に張っている革に落ちるので簡単に回収できます。
    金は今とっても高いですから丁寧にかき集めております

    ReplyDelete
  3. なんてきれいなの!グッと来たわ。

    ReplyDelete
  4. まっつん
    ありがとう☆我ながら作りながらうっとりしてしまいましたもの。

    ReplyDelete