March 17, 2012

ネックレスの端パーツ

長め5連のビーズネックレスをネックレス+ブレスレットにリメイク、というオーダーが。

かなり大きい穴のあいた小さいビーズなので、各ビーズの間に結び目を作ることができず、
端処理をどのようにするか頭をひねりました。

パールネックレスのときはいつも各パールの間に結び目をつくっている為、
端も留め具の輪に通した糸をまたパールに再度通して結び目を作り、
とってもさりげない端処理が可能となります。
また結び目があることで自然にネックレスにゆとりが出て、美しく首のラインに沿ってくれます。
パールの時の端処理。結び目のおかげでとにかくシンプルな端処理が可能に。


市販のパーツのカタログを色々みても、なんだか明らかに安っぽいものばかり。
もうこれは自分で作ってしまうしかない!
というわけで、実験的に作ってみました。

ポイントは、
1、端の結び目が隠れる
2、5連分の端が1つのパーツにまとめて収まる
3、比較的簡単に作れる(端パーツにあまり高額は請求しにくいので)
4、見栄えが安っぽくならない

そうして生まれたのが…

これです!

 チューブを銀線をくり抜いて作り、5連のひもを通す穴を3つあけたモノ。
そのチューブにクラスプ(留め具)や留め具の受けとなるパーツを溶接してあります。

実はこの太い銀線(6mm)をくり抜いてチューブにする工程が一番大変。
ちょっとしたでティールを。
美しいラインが出るようにあえてキチキチにならないように端にゆとりをもたせています。




 たかが端パーツ。されど端パーツ。

 さらに良いアイデア、私の気にいりそうな既存の端パーツがあれば是非教えて下さいね。

2 comments:

  1. 受け側のわっかの径をもう少し大きく、わっかは薄く(やや平らな感じ)していただければ、指太で不器用な私でも取扱い簡単かもです。見た目の美しさに影響が出るかもしれませんが。

    ReplyDelete
  2. そうですね。ご指摘のとおり、受けがちょっと小さかったかもしれません。
    まだまだ改善の余地があると思います。
    こういったご意見はとっても助かります!

    ReplyDelete