October 26, 2010

大人気のトリアノン



カルチエが売り出したことで有名なこの3連リング「トリアノン」ですが、
カルチエが編み出したデザインというわけではなく、古くから存在するモデルです。
指の上でくるくる3つのリングが絡み合いながら滑る感覚はなんともいえず、付け心地もとても良いリング。
このリングを美しく仕上げるコツは、1つ1つの輪のサイズがぴったり同じになるように作ること。
簡単なことの様ですが、これを軽視してしまうと美しいリングができあがりません。



三連リング『トリアノン』の制作過程
半丸の線引盤で直径2,10mmに引いた銀線を用意し、3つの輪を作ってそれぞれロウ付けします。
このロウ付けした輪のサイズを正確に合わせて(予定よりも大きめ、この時点で目標サイズに対してどのくらい大きくするかはサイズによります)、そのうちの2つのみをロウ付けした場所で切り、3つの輪をつなげて再びロウ付けします。

→この商品を購入する

0 コメント(コメントの投稿はここをクリック):

Post a Comment